マガジンのカバー画像

ツアー

10
茨城県内の産地をまわった生産地ツアーをレポートする記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

お客様のニーズに応えようとするのは農家もパティシエも同じ

とつぜんですが、茨城県を代表する果物といえば、何を思い浮かべますか?きっと、メロンやイチ…

本橋健一郎さん、naoさん|茨城県の生産者たちと「温度感のある語れる作品」を作りた…

茨城県守谷市出身の本橋健一郎さんがオーナーソムリエを務める東京・外苑前のイノベーティブレ…

ツアー|茨城県の日本酒に統一感はいらないかもしれない【後編】

若い世代の蔵元や蔵人にスポットを当てた酒蔵ツアーに参加したのは、昆虫食レストラン「ANTCIC…

ツアー|茨城県の酒ではなく、一つひとつの蔵に出会う旅【前編】

茨城県には、41の酒蔵があり、その数は関東一。県内には、久慈川水系や那珂川水系、筑波山水系…

ツアー|アメリカナマズをおいしく食べるために【後編】

11月中頃「霞ケ浦アドベンチャーツアー」と題した産地訪問に参加したのは、浅草橋の昆虫食でも…

ツアー|朝4時出航、シラウオ漁にワクワク【前編】

朝4時、霞ケ浦の東岸・行方市にある各漁港に船が真っ暗な湖面を照らしながら帰ってきます。シ…

ツアー|さしま茶を支える一人ひとりの想いに触れる小さな旅

都市部の飲食店のみなさんが巡る茨城県内の生産地ツアーに密着してレポートしていく企画の第4回目は、「バーテンダー・醸造家と巡るさしま茶ツアー」です。 茨城県は、あまり知られていませんが茶の生産量(荒茶生産量)が埼玉県についで関東で2位、全国では16位とお茶の産地であります。県内には、さしま茶と奥久慈茶、古内茶という産地があり、それぞれの気候風土によってお茶の個性が異なっています。 さしま茶は、茨城県と埼玉県の県境付近、古河市と坂東市、常総市、八千代町、境町に広がる猿島エリア

スキ
126

ツアー|県外に出たからこそ知れた茨城県の魅力

都市部の飲食店のみなさんが巡る茨城県内の生産地ツアーに厚かましくも密着して(みなさん、快…

ツアー|シェフの”引き出し“には、今まで出会ったたくさんの食材が大事に収められて…

「シェフと茨城」では、シェフと産地、生産者の新しいつながり方の提案として、持続的な交流を…

ツアー|山と海、里と湖。多様な風土が茨城の食材を生む

「おはようございます!」「今日はよろしくお願いします」「最高の天気ですね!」 10月末の月…